洗顔石鹸







洗顔石鹸おすすめ








ヴァーナル・W洗顔セット

毛穴・くすみ・シワ対策



たっぷり1ヶ月分980円のお試しセット
@メイクや古い角質を吸収する泡で落とす
A仕上げ泡でキメを優しく整える贅沢石鹸
おすすめのW洗顔



ヴァーナル・W洗顔セット 詳細はこちら




米肌 -MAIHADA- 【肌潤石鹸】



ライスパワーNo.11、大豆発酵エキス、ビフィズス菌発酵エキスを配合
洗顔を見直すことは、理想のすっぴん美肌に近づく第一歩
肌の汚れを一掃して真のすっぴん透輝肌に



米肌 -MAIHADA- 【肌潤石鹸】 詳細はこちら



米肌 トライアルセットもおすすめ




NonA(ノンエー)



ニキビ対策に特化した石鹸




日本人の肌に会うように開発された薬用ニキビ専用洗顔石鹸
香料・着色料・エタノール・鉱物油などの添加物不使用
たっぷり、もこもこ泡で実現する「クッション洗顔」
ヒアルロン酸」「ローヤルゼリー」など多くの保湿成分配合



ニキビ対策・NonA(ノンエー)詳細はこちら




VCOマイルドソープ


無添加オイル」で作った自然派洗顔石鹸



最高品質のインドネシア産ヴァージンココナッツオイルを使用
天然オイルが産み出すモチモチ泡が敏感肌、乾燥肌などの
トラブル肌の方へもおすすめ

※返金保証制度あり


数量限定初回半額キャンペーン



VCOマイルドソープ 詳細はこちら




どろ豆乳石鹸どろあわわ



毛穴の汚れ対策・キレイなお肌を目指す


<落とす> ジェルクレンジング …負担をかけずにするん
< 洗 う > どろあわわ …もっちもち泡で毛穴汚れ対策
<潤い・ハリ>和漢ミネラル化粧水…和漢の力で潤うハリ肌へ
<美白・保湿>薬用美白つや肌とろり液…ふっくら輝く透明肌へ



どろ豆乳石鹸どろあわわ 詳細はこちら



ビーグレンシリーズ

毛穴 対策

毛穴の開く・黒ずみ対策におすすめ

吸着による肌にやさしい洗顔料
時間を巻き戻す化粧水
高濃度ビタミンC美容液で毛穴を引き締める
長時間潤いが続く保湿ゲル


毛穴対策コスメ 詳細はこちら



にきび 対策
敏感肌のかたにもおすすめ
大人ニキビ対策

刺激が少なく・うるおいを保つ
ビタミンCでトラブル肌をケア
保湿とバリアでニキビのできにくい肌へ



にきび対策コスメ 詳細はこちら




ほうれい線 対策

たるみ・ほうれい線ケアにおすすめ

うるおいを残しながら古い角質を落とす洗顔料と高保湿化粧水
角層の奥へ浸透し、高密度なハリを育む美容液
エモリエント効果の高い濃厚なクリーム



ほうれい線対策コスメ 詳細はこちら



シミ 対策


シミ対策・美白におすすめ

汚れや古い角質はもちろん、くすみの原因になる毛穴の中
で酸化した皮脂もしっかり吸着洗顔

高い保湿効果とブライトニング効果のある化粧水
高濃度(7.5%)のピュアビタミンCを配合した美容液
QuSomeR化ハイドロキノン配合のホワイトニングクリーム


シミ対策コスメ 詳細はこちら



ニキビ跡・対策


ニキビ跡対策におすすめ

ニキビの原因となる汚れや角栓をしっかり吸着洗顔
ニキビの炎症によってダメージを受けた角層の奥まで浸透する化粧水
肌の凹凸にも色素沈着にも効果的な働きをもたらす美容液



ニキビ跡対策 詳細はこちら



洗顔石鹸マニアおすすめ

スキンケアで気をつけることの一つが余分なものを落とすことです。肌に残らないように気をつけて、メイク落としをしないとカサカサ肌になってしまうかもしれません。

 

けれど、丁寧すぎるほど丁寧に洗ってしまうと、必要以上に肌の皮脂を取り除く結果になってしまって、必要な水分も保てず、肌が乾燥してしまいます。

 

 

 

また、洗顔はなんとなくで行うものではなく、クレンジングの正しいやり方を意識するようにしてください。肌の状態をみながら日々のスキンケアの方法は使い分けることが大切です。日々同じやり方で、お肌のお手入れをしていけば全く問題ないということはありません。

 

 

 

乾燥気味のお肌が求めているのはさっぱりしたケアよりしっとりとした保湿だったり、生理前などお肌に影響がありそうなときは刺激の強いものから弱いケアにかえてあげるというようにお肌にとって大切なことなのです。

 

 

肌にふれる空気や気候に応じて季節にあったケアをすることも大切なのです。つらい乾燥肌でお悩みの方のスキンケアのポイントは一にも二にもまず保湿です。それから、ある程度皮脂を残すことも必要というのも重要なことです。
クレンジング・洗顔はスキンケアの基本ですが、だからといって強い製品を使うと必要な皮脂が落ちてしまってお肌の乾燥の元になります。

 

 

 

洗顔のとき使用するのはぬるま湯にしないと、ヒリヒリするような熱さではダメです。それに、保湿だけに留まらず、自分の洗顔はこれでいいのかと振り返ってみてください。スキンケア、正しい順番で使っていますか?適切な使い方をしなければなんとスキンケアの効果はほとんど得られません。顔を洗ったら、まずは化粧水をつけます。

 

肌の補水を行います。
スキンケアの際に美容液を使うタイミングは化粧水の後になります。その後は乳液、クリームの順番でつけていきましょう。水分を肌に染みこませてから油分で水分が蒸発しないようにするのです。

 

女性の中でオイルをスキンケアに取り入れる方も最近多くなってきています。スキンケアの際にホホバオイルやアルガンオイルなどを使うことで、ますます保湿力が上がり、乾燥知らずのお肌になるでしょう。選ぶオイルの種類によっても異なる効果が表れますので、その時のお肌の状況により最適なオイルを適度に使ってみるといいでしょう。オイルの質によって左右されるので、フレッシュなものを選びたいものです。
ここのところ、スキンケアにココナッツオイルを利用する女性が激増しているようです。

 

具体的な使用法としては、化粧水の前後に塗る他、既にご使用になっているスキンケア化粧品に混ぜて使うだけでいいんです。メイク落としとしても使えますし、フェイスマッサージオイルとしても使えちゃいます。もちろん、積極的に食事取り入れていく事でもお肌にいい影響を与えます。
ですが、質に関しては良いものをこだわって選んでくださいね。
皮膚をお手入れする時にオリーブオイルを用いる人もいるでしょう。オリーブオイルでお化粧落としをしたり、顔を覆うようにつけてしばらく置いたり、小鼻に残ってしまった皮脂の黒ずみを取り除いたりと、自分なりの使い方がされているようです。

 

かと言っても、上質なオリーブオイルをつけないと、皮膚に何らかの影響が出ることもあります。そして、何か起こった時にも早めに使うのをやめて下さい。スキンケアの必要性に疑問を感じている人もいます。

 

スキンケアを完全に排除して肌そのものが持つ保湿力を守っていくいう姿勢です。でも、メイクをした場合、メイクを落とすためにクレンジングが必要になります。クレンジングの後、肌を無防備にしておくと肌の乾燥が進んでしまいます。
肌断食をたまに経験させるのもいいですが、必要があれば、スキンケアをするようにしてください。

 

 

 

スキンケアといえばエステを利用する方もいらっしゃいますが、効果を期待できるか気になりますよね。
普段自分では使えないような機器などで毛穴の汚れを取り去り肌をしっとりさせます。

 

赤ら顔の原因となる血行不良も解消されますから若さの秘訣・新陳代謝もよくなるでしょう。エステでフェイシャルコースを施術してもらった人のほとんどが肌の状態が明らかに以前と違うと実感しています。スキンケアのための化粧品を選ぶ際には、お肌に余計な刺激を与えてしまう成分をできるだけ含まないということが選ぶことを優先しましょう。

 

刺激の強い成分(保存料など)はかゆみや赤みをもたらすことがあり、配合成分について、しっかり見るようにしましょう。また、安いからといって安易に選ばず肌に合っているかどうかなのです。